【学校でも使える】聴覚過敏の私がえらぶ、対策方法とおすすめイヤーマフ

聴覚過敏

こんにちは!Aile(エール)です。


「周囲の音が気になりすぎて、出かけることが辛い……」


あなたには、こんな悩みはありませんか?

かくいう僕も、まったく同じ悩みを抱えている一人です。

なぜなら僕には、「聴覚過敏」という症状があるから。

Aile(エール)
Aile(エール)

電車に乗ったり、人ごみの中を歩いたりする際はいつも半泣きでした……

けれど少しの工夫が、ストレスの軽減につながることだってたくさんあるのです。

実際に僕はいま、毎月電車を2本乗り継いで通信制高校のスクーリング会場へ行くことができています。これも「少しの工夫」のおかげなのです◎


そこで本記事では、

  • 聴覚過敏の症状をすこしでも和らげたい!
  • 人通りの多い所へもひとりで行けるようになりたい!
  • おすすめの防音方法を知りたい!

このような思いをもつあなたのために、聴覚過敏の当事者である僕が特におすすめする方法をご紹介します。

読んだ後にはきっと、あなたの心も軽くなっているはずだよ♪

聴覚過敏とは

本題に入る前に、「聴覚過敏」とはいったい何なのか、ということについて簡単にご紹介しておきます。

「聴覚過敏」とは、その名の通り「聴覚がとても敏感である」という症状のこと。

聴覚がとても敏感であることを聴覚過敏と言います。聴覚過敏のある人は、日常生活にあるさまざまな音が苦手な場合があり、たとえば、次のように感じることがあります。

感覚過敏とは?病気なの?どこに相談すればいいの?対策方法は?さまざまな疑問にお答えします。 | 感覚過敏研究所 (kabin.life)


ただし苦手とする音は一人ひとり異なっていて、ある特定の音(例:小さい子の泣き声、サイレンの音 など)を辛く感じる方もいれば、全ての音が大きく聞こえてしまい必要な情報を聞き取ることが難しくなってしまう、といった悩みを抱える方などもいます(ちなみに僕は後者です)。

発達障害などと併せもっている方もいらっしゃるそうだよ。

対策が必要なわけ

ここまで読んでくださったあなたは、もしかすると

ほうっておくと、そのうち気にならなくなるのでは?

と思われたかもしれません。

けれど僕はそうではない、と思っています。

聴覚の過敏さが原因ですることが難しかったことも、対策をするとできるようになるかもしれません。

できることや行ける場所が増えると、毎日をもっとハッピーに過ごすことだってできるかもしれないのです。

実際に僕は少しの工夫のおかげで、常に感じていたストレスがいくらか和らぎました。

より過ごしやすくなるかもしれない方法を試してみないのは、もったいないなと感じませんか?

辛さを和らげるために、できること

ここで、僕が今までに試したたくさんの方法の中でも「最も効果的」だと感じたものをご紹介します。

それは、イヤーマフを着用すること。


ちなみにこれ↓は僕が実際に使用している商品です。見たことはありましたか?(なお僕が「イヤーマフ」の存在を知るきっかけとなったのは、「光とともに」というまんがでした◎)

※イヤーマフとは?……

  • 防音装置
  • 大きな音や苦手な音などから、聴覚を保護するために使う
  • ヘッドホンのような形をしている
  • それぞれのイヤーマフには「db(デシベル)数」というものがある
    →(イヤーマフの場合)周囲の音をどれだけ小さくしてくれるかを表す数値のこと。

ちなみに、ヘッドホンではないので音楽は聴けないよ。イヤーマフを着用している人を見かけたときに、「こんなところで音楽を聴いているの?」と勘違いしないようにしてくれたら嬉しいな。

イヤーマフを着用すると良いのはなぜ?

音というストレスから自分を守ると、過ごしやすさがかなり向上するからです。

実際に、以前の僕はたくさんの音が怖く外出がとても苦手でした。ですが今はイヤーマフのおかげで、人通りの多い場所などでもかなり落ち着いて過ごせるようになりました◎

どれくらいの効果があるの?

聞こえる音がどれくらい小さくなるのかは、

①周囲の音の大きさ - ②イヤーマフのdb(デシベル)数 = ③着用時に感じる音の大きさ

上記のような式で表せます。

なお、周囲の音の大きさ(①)の目安は下図をご覧くださいね。↓


例えば……僕の使用しているイヤーマフは SNR36db(*1) (②)なのですが、これを着用した状態で地下鉄(=約80dbの走行音がします)(①)に乗ると、感じる音の大きさ

①80db - ②36db = ③約44db

となります。

セミの鳴き声よりも大きい音を聞いているのに、図書館にいるときほどの感じ方ができるとは驚きだね!(※あくまでも目安です)

*1 SNRとは……(補足です。読み飛ばしていただいてもかまいません)
アメリカの環境保護庁が定めている防音性能の基準です。ほかにNRRというものもあり、これはEUが定めている防音性能の基準です
。同じ商品でSNRとNRRとを比べると、NRR<SNR(SNRの数値の方が大きくなる)となります。なお、詳しいことをここで書くと長くなってしまうので、今回はやめておきますね。ざっくりと「性能を表す基準なんだな~」くらいに思っていただければ大丈夫です◎

でも……イヤーマフのここが不安

とはいえ、使用することに対する不安だってもちろんありますよね(僕もありました)。

そこで、あなたが特に感じるのではないかな、と思った不安2つについて「こうすれば・こう考えれば大丈夫!」という解決策を今からご紹介します。

ヘッドホンだと誤解されない?

1つ目の不安は、「ヘッドホンだと誤解されないかな?」というもの。

↑実際の写真。確かにイヤーマフを知らない人からは、ヘッドホンと間違えられてしまいそうな見た目です

これは実際に体験されたことのある方も多くいらっしゃる問題で、僕自身「ヘッドホンであれば」着用するのにちゅうちょしてしまう場面で、イヤーマフを使用するかどうか迷ったことがあります(外食中など)。

「迷う」と言いつつも実際には、使用していないととてもつらいのですが……。

そこで僕が最近使用を考えはじめたのが、こんなもの。↓

「苦手な音を防いでいます」という言葉が、イヤーマフを装着したうさぎとともに書かれています◎

「音楽を聴いているんじゃないよ、聴覚過敏の保護用なんだよ!」とうさぎが常に伝えてくれていたら、なんだか心強いですよね。

とはいえ、一番大切なのはやはり周囲の人たちの理解だよ。僕のようにイヤーマフを使用している人がいたら、どうか暖かく見守っていてほしいな。

ただ防音するだけなのに、ちょっと高くない?

2つ目の不安は、「金額に見合った商品なのかな?」というもの。

確かにものすごく安い買い物というわけではないですし、すぐに使わなくなったらもったいないな……という気持ちにもなりますよね。

ですが実は、イヤーマフはさまざまな使い方をすることができるのです!

外出時や家の中などで「聴覚過敏対策」で使う以外には、例えば

  • 自分の世界にたっぷり浸って読書や趣味、作業に取り組みたいとき
  • ざわざわとした家の中を、快適な自習室にして勉強したいとき
  • コンサートやライブなどに参加するとき

などに活用することができます◎

またかんじんの金額についても、千円台や二千円台などから購入できるものもたくさんあるので(実際に僕も、楽天スーパーセールのときに二千円台で手に入れました笑)、探してみるときっとあなたに合うものがみつかるはずですよ◎

「イヤーマフ」は本来、聴覚過敏の保護用に作られたものではなかったそうだし、ね。

おすすめのイヤーマフ【3種類】

とはいえイヤーマフにはとてもたくさんの商品があるので、ひとつに選ぶのはなかなか難しいですよね。

そこで、僕が現在使用しているものも含め「特におすすめする3種類」をここでご紹介します。

1つ目:Mpow

1つ目にご紹介するのは、“Mpow”のもの。

これは僕が愛用中の商品なのですが、性能・使い勝手などがとにかくよいです。

またサイズ調節も簡単で、成長に合わせて長く使用することができます◎

性能SNR 36db/NRR 29db
重量約238g
サイズ調節可能
金属部なし(感電のおそれなし)
収納袋あり(巾着袋)
対象年齢子供から大人まで

2つ目:3M

2つ目にご紹介するのは、“3M”のもの。

軽量かつ薄型なので、持ち運ぶのにぴったりのイヤーマフです。

また気になる遮音性もかなり高く、作っているのはなんと防音保護具の世界トップメーカー(PETOR)だそうです……!

性能NRR 21db
重量約195g
サイズ調節可能
金属部あり
収納袋なし
対象年齢子供から大人まで
※今回ご紹介したモデルの名称は「3M PELTOR Optime 95 H6A V」です。

3つ目:Gyue

3つ目にご紹介するのは、“Gyue”のもの。

これはイヤーマフの中でも数少ない「子供専用」の商品で、小さな体に負担をかけない工夫がたっぷり詰まっています◎

重さは190gととても軽いのに、遮音性もばっちり。またサイズ調節も引っ張るだけなのでとても簡単です。

性能SNR 26db
重量約190g
サイズ調節可能
金属部なし(感電のおそれなし)
収納袋あり(巾着袋)
対象年齢2~15歳

おすすめイヤーマフの一覧表

上記でご紹介した「おすすめのイヤーマフ」3種類の一覧表です。

商品名または画像をタップ・クリックしていただくと、楽天市場の商品ページを見ることができます。

商品名Mpow3MGyue
商品の画像※モデル名:3M PELTOR Optime 95 H6A V
性能SNR 36db/NRR 29dbNRR 21dbSNR 26db
重量約238g約195g約190g
サイズ調節可能可能可能
金属部なし(感電のおそれなし)ありなし(感電のおそれなし)
収納袋あり(巾着袋)なしあり(巾着袋)
対象年齢子供から大人まで子供から大人まで2~15歳

まとめ:聴覚過敏対策にはイヤーマフがおすすめ!

最後に、今回の記事についてまとめておきます。

聴覚過敏 & おすすめの対策(イヤーマフ)について
  • 聴覚過敏とは……「聴覚がとても敏感である」という症状のこと
  • 音によるストレスを和らげるには、「イヤーマフ」が良い
  • 誤解をさけるためのキーホルダーなどもある
  • おすすめの商品は「Mpow」、「3M」、「Gyue」

「苦手な音に出会ってしまったらどうしよう……」という不安は、聴覚が敏感な僕たちならば常に感じるもの。

ですがイヤーマフなどを使えば、その気持ちはきっと和らぐはずです◎もちろん、辛さが完全にゼロになるわけではありませんが……。

あなたも僕も、イヤーマフの力を借りて少しずつできることが増えていきますように。

陰ながら応援しています◎

では、また!


Aile

ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました