点と点が、つながったとき

日記・考えごと

こんにちは!Aile(エール)です。

今日は、先日はっとしたことについてここへ書いてみようと思います。


それは、「点と点が結びついて線になる、これが私の最も『楽しい!』と感じる瞬間なのだな」と気がついたことです。

きっかけは

きっかけはフランス語でした。


私はここ最近ずっと、「Duolingo」というアプリを使用してフランス語を学んでいます。

※ちなみに、母国語は英語と設定して取り組んでいます(れっきとした日本語ネイティブですが)。

日⇔仏よりも、英⇔仏の方が言語的に近いので分かりやすいかな?と思ったので……。

こちらの記事でもご紹介しました。↓

……とはいえまだ始めたばかりなので、誰がどう見ても「初心者」でしかありませんが。


進めていくなかで、あるひとつの単語に出会ったのです。


それは、「avec」。

はじめまして、ではないような

アプリ内でははじめてこの単語に出会ったとき、私は少し不思議な気持ちになりました。

「この単語、どこかで見たことがあるぞ」と。

でも……なかなか思い出せませんでした。


似たような英単語があったのかな?

それとも、何かのお店の名前かな?


英訳を見てみると、どうやらこの単語の意味は「with」らしい。

1週間ほどの間ずっと、このことについて悩んでいました。笑 

でも、いくら考えても思い出せはしません。

ブログを書いていたときに……

けれどあることがきっかけとなり、ようやく思い出すことができました!

こちらの↓ブログ記事を書くにあたって、「ほぼ日手帳」の公式ホームページを見ていたときのことです。

私はあるものを見つけました。

手帳本体 / オリジナル avec (1月はじまり)[月曜はじまり/分冊版(前期+後期セット)] [A6サイズ/分冊版(2冊セット)/月曜はじまり] – 手帳ラインナップ – ほぼ日手帳 2022 (1101.com)

そう、私が探していたものはここにあったのです。

今までは、この言葉の意味を知りませんでした。

だからこの手帳のことも、「よく知らない外国語の名前がついた商品」くらいにしか思っていませんでした。


でも、フランス語を少しかじったあとの今なら、なぜこの手帳に「avec」とついているのかが予想できます。


「1年間分の手帳を2冊に分けることで、厚くならずにすむ。

つまり、大好きな手帳といつも一緒に(with)いられる、ってことなんだな!」


と。

もっと、たくさんのことを知りたい

私はこのことに気づけたとき、言いようのない嬉しさでいっぱいになりました。

それと同時に、もっともっとたくさんのことを知りたい、と今まで以上に思いました。


気づいていないだけで、まだ私の中で「線」になりきっていないことはたくさんあるはずです。

いや、それ以上にそもそも「点」にすらなっていないものの方が多いかもしれません。


そして「点」や「線」などの話ではなく、もはや私がまだ知らないことだって星の数ほどあることでしょう(きっと、そちらの方が多いはずです)。


一日中寝込んでいることだってあるし、まだまだ思い通りに自分を動かすことは難しい面もあるけれど……


それでも、これからも貪欲にたくさんのことを学びたいな、と改めて思ったAileなのでした。

ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました